編集(管理者用) | 編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴
== o ==
ねこまたや web出張所
INDEX

トップページ
お知らせ
twitter
お道具箱
技術資料と雑談
ライブラリ
雑貨や(ダウンロード)
最近の更新
ねこまたやについて

twitter

ねこまたやのついった

企画モノ

psAxe情報ページ
自主制作アニメ
ぽこあぽこ られんたんど


あやかしあやし
エフェクトネタ帳



りまぴん
AE エクスプレッション
レンダー乙女とか
簡易版XPSリンカ
おまけギャラリ

BBS

ねこまたやBBS
開発室BBS

Language



開発室みたいなものでしたが
spamアクセスがはげしいのでページは凍結中です。
書き換えは管理人のみが可能です。
Nekomataya/2016

ObjectList03 - GUI 関連


目次

GUI 関連


目次 | ページトップ | 前のページ | 次のページ

GUI

basic

GUIオブジェクトを構築してプロパティをコントロールする。

基本オブジェクトの作成

 var myBaounds=[left,top,right,bottom];
 // バウンズ配列で寸法を指定 親オブジェクトの座標で指定 単位はピクセル
 var myWindow= new Window("dialog",myBounds);
 // new Window() コンストラクタでウインドウを作成戻り値はウインドウオブジェクト
 myWindow.add("button",[0,0,64,20],"MY-BUTTON");
 // add() メソッドで部品(コントロール)を追加する。
 myWindow.show();
 // 設定が終わったら show() メソッドで表示する。(これが来るまで表示されません)
作成したコントロールにアクセスしてプロパティを書き換えると、反映されます。 モノによっては再表示しないと反映されないものや、ゼンゼン書き換えできないものもありますので注意だ。

アクセスの仕方は基本的に2種類

 myWindow.children[1].text="new-text";
 myControl=myWindow.add("button",[0,0,64,20],"OLD-NAME");
 myControl.text="NEW-NAME";

さらに一般的には、アクセスベース自体を作成したGUIと同様のツリー構造にしておくと分かりやすくなります。

 myWindow=new Window("親ウインドウ",[0,0,640,480]);
	myWindow.Button01=myWindow.add("button",[0, 0,64,20],"button No.01");
	myWindow.Button02=myWindow.add("button",[0,40,64,60],"button No.02");
//myWindow.Button01 は、 myWindow.children[1]
//myWindow.Button02 は、 myWindow.children[2]
// になります。

ま、そんなカンジです。 どうでもよいけどスクリプティングガイドにpaletteが載ってないような気がする? あれ?でも 動くよ… 後で検索してみよう。 うーっ

Common Property

propertytyper/w
activeBooleanread/write
boundsBoundsread/write
childrenObjectreadOnly
enabledBooleanread/write
jumpdeltaNumberread/write
justifyStringread/write
maxvalueNumberread/write
minvalueNumberread/write
parentObjectreadOnly
placementBoundsread/write
stepdeltaNumberread/write
textStringread/write
textselectionStringread/write
typeStringreadOnly
valueBooleanread/write
valueNumberread/write
visibleBooleanread/write

Property Table

WindowPanelStaticText?EditText?ButtonCheckboxRadioButton?ScrollbarSlider
active
bounds
children
enabled
jumpdelta
justify
maxvalue
minvalue
parent
stepdelta
text
textselection
type
value
visible

Common Method

 add() returns Object
 center() no returns 
 close() no returns
 hide() no returns
 notify() no returns
 show() Number
 onChange() no returns
 onClick()  no returns
 onClose() no returns
 onMove() no returns
 onResize() no returns

common method event handler

WindowPanelStaticText?EditText?ButtonCheckboxRadioButton?ScrollbarSlider
add()
center()
close()
hide()
notify()
show()
onChange()
onClick()
onClose()
onMode()
onMovie

Window type

ウィンドウのタイプは現在2種類選択可能です。

dialog

ダイアログウインドウです。

アプリケーション(AE)に対してモーダルに動作します。このウインドウを表示している間は、他のウインドウの操作はできません。

ウィンドウ作成時に指定したtextは、ウィンドウタイトルとして表示されます。

palette

スクリプティングガイドには記述が無いようですが使用可能です。

「palette(パレット)」は、dialogと違って、モーダルな動作をしません。

ウィンドウ作成時に指定したtextは、プロパティとして保存されますが、表示はされません。


AE Scriptsで操作する主な情報は、AEのもっているプロパティです。 このプロパティは、ユーザ(あなた)の操作で常に変化しています。

dialogウィンドウでは、ウインドウを表示させた時のプロパティがウインドウを閉じるまでの間保証されますが、paletteの場合はその限りではありません。 paletteからAEオブジェクトを操作する場合、実際にプロパティ操作を行う前に「操作するプロパティが入力待ちの間に変化していないかどうか」を検査する必要があります。

モードレスな動作をするウィンドウを作成する時は注意してください。

GUI Elements

panel

button

radioButton

checkBox

editText

staticText

scrollbar

slider


目次 | ページトップ | 前のページ | 次のページ